言語認識精度の高いAIプラットフォームCAIWAを利用した自動応答AIコンシェルジュで問い合わせ対応コスト削減と顧客満足度アップを実現!

アクション付け

「回答時アクション」の設定

知識設定画面から質問と回答を作る際に、「回答時アクション」というものを設定することができました。
「回答時アクション」を設定することで、サービス精神あふれるロボットにすることができ、ユーザーとの会話がスムーズにいくようになります。
しかも設定は簡単でした。

実際に私が行った中でポイントとなった点を紹介します。

スタート時のアクションを設定した

「スタート時の発話内容」という設定項目があります。
バーチャルエージェントが起動した際に表示させる内容を決めることができます。
私は、簡単なキャラクターの自己PRと質問を促すような台詞と表情を設定しました。
やはり、ファーストインプレッションが大事ですからね!

回答ごとに、キャラクター画像を切り替える設定をした

回答の内容がWEBページを誘導する場合、「こちらをご覧ください」のような台詞とともに、手を横に差し出している画像を設定しました。

その他、「ごめんなさい。」と謝っている場合は泣いている顔、「そうなんですよ!」などの明るいイメージの場合は笑った顔を設定することで、キャラクターのリアリティが増したと思います。

表示させたいキャラクター(*)を選択するだけでOKです。

(*)あらかじめ自分で登録した画像またはデフォルト画像

ページを誘導する設定をした

バーチャルエージェントはWEBページを誘導することが可能です。
操作案内や商品紹介などオリジナルの動画ページを作って、バーチャルエージェントに紹介させるなんてこともできてしまいます。

私の場合は、回答の内容が商品の説明の場合、それらが詳細に記載されているページを開くように設定しました。

移動先URLの登録は管理画面から行えました。
紹介したいページが複数ありましたので、まずURLを一覧として洗い出した後、それらを一気に登録しました。

★ポイント
URL登録は下記の画面で一括管理されているのでメンテナンスが楽々です!
例えば、同一のページを誘導するような回答がたくさんあった場合、URLが変わったとしてもこの管理画面で編集するだけでいいのです。

インフォメーションエリアを設定した

インフォメーションエリア(回答枠の下)に回答以外の情報を表示できます。
表示できる情報は、「関連テキスト」、「自動関連テキスト」「各種APIの出力結果」です。
私が設定したのは「関連テキスト」、「自動関連テキスト」の2つです。

  1. 関連テキスト
  2. ・よくある質問
    ・あいまいな質問が来た場合、具体的な内容に絞り込むための選択肢
    ・回答の内容に関連したその他のおすすめ情報
    など、
    目的別に各種情報を表示させることが可能です。

    私の場合、曖昧な質問にも答えられるように質問の選択肢を提示しました。
    絞り込みさせることで、確実に問題を解決するまで導くことができますよ。
    例えば、「詳細を知りたい」という質問があった場合は、何の詳細が知りたいかユーザーに選択してもらうように促しました。


    ※「関連テキスト」を表示させるタイミングは設定できます。

    また、こんな使い方もあります。
    「納豆は好きですか?」というような商品の内容と関係のない質問が来た場合は、質問に対しての回答を表示させ、その後に「よくある商品の質問」を促すような台詞と「関連テキスト」を表示しました。

    商品に関係のない質問に答えるのもコミュニケーションの一つ。
    キャラの個性を出せますし、会話していて楽しいです。
    そうかといって、このままずっと商品の話にならなかったら・・・せっかく商品案内用に設置したバーチャルエージェントですもの、やっぱり商品についても聞いて欲しい!
    そこで、「関連テキスト」をうまく利用して、それとな~く商品に興味をもってもらうように仕掛けてみたというワケです(笑)

  3. 自動関連テキスト
  4. 無ヒット時(入力された文章とマッチングする質問文が登録されていない場合)は、「自動関連テキスト」を表示させるように設定しました。

    「自動関連テキスト」を設定しておくと、マッチする質問文ではないけれど、候補になりえる質問文をピックアップして表示します。
    「もしかしたら~という質問でないですか?」というように提案している風なので、何も回答しないより親切な感じを与えることができると思います。

    ※候補になる質問文が無い場合は表示されません。

「関連テキスト」、「自動関連テキスト」いずれも設定はとても簡単です。
とても便利な機能なのでぜひ使ってみてくださいね。

★ポイント
設定したい項目をチェックするだけ!

API連携に関しては、プログラムの知識が必要となります。
ご利用されたい方はご相談ください。
もちろん私は利用していません(笑)