言語認識精度の高いAIプラットフォームCAIWAを利用した自動応答AIコンシェルジュで問い合わせ対応コスト削減と顧客満足度アップを実現!

「Viii」をお勧めしたい企業

高額商材を取り扱う企業様のサイトで「Viii」がお勧めなワケとは?

最近、「O2O(オー・ツー・オー):Online To Offline」というマーケティングモデルがよく話題に上りますね。
ソーシャルメディアを利用してピンポイントなタイミングでキャンペーンDMを送ったり、
ゲームを使って広告宣伝を実施しユーザー(消費者)を獲得するゲーミフィケーションなる手法まで誕生していて、がっちりユーザーの心をつかんで来店誘致をはかったりしています。
そしてこれらが、非常に大きな成果を上げているなんて話もよく耳にします。

しかしこうした手法は、一般消費財においては効果は高いけれど、「金融、車、不動産、保険」などの高額商材の場合、なかなか難しい側面があるように思えます。


高額商材を検討する場合、多くのユーザーは多くの疑問を抱えることになり、高額なだけに迷いが生まれます。

それを解消するために店舗に赴くか、メールや電話で、様々な質問をするでしょう。

しかし、中には、店舗に行ったり、電話などで問い合わせることにハードルの高さを感じるユーザーもいるはずです。

保険会社にて

「保険に入ってみようかなー。」

でも「いきなり行った店で家族構成とか病歴とかアンケートなどに答えたくないし、店舗入りづらいなー」

自動車販売店にて

「よーし、車を買うぞ!」

でも「しつこく引き止められそうで店舗入りづらいなー。」

不動産屋または住宅展示場にて

「ねーねーそろそろ私たちも家を見に行かない?」

でも「不動産屋ってちょっと怖いイメージが・・・。」「年収とか聞かれるんじゃない?」

こういったユーザーは、ホームページ等で調べて自分で解決しようとするでしょう。

そんなときリアルタイムにいつでも質問に答えてくれる「対話型の自動応答コンシェルジュ(バーチャルエージェント)」がホームページにいたらどうでしょう。

相手はバーチャルなので気軽に質問を投げることができます。
もちろん疑問や悩みが解消されるよう、バーチャルエージェントがホームページを案内したりしながらサポートしてくれます。
メールと違いリアルタイムに、その場で質問に対する回答を得ることができます。
疑問がすぐその場で解決すれば、購買意欲がさらに高まった状態になり、
店舗の方に足を運ぶユーザーも出てくるかもしれません。

というわけで、高額商材を取り扱う企業様へぜひ弊社のバーチャルエージェント「Viii」をお勧めしたいです。
「Viii」は「24時間365日ユーザーの対話をしながらユーザーの疑問を解消しつつ、ホームページを案内する」ことが可能です。
導入することで、さらにユーザーのロイヤリティを高めることが可能になるでしょう。